二番街の琴ちゃん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

土曜日は何とか晴れ間も見えたけど、日曜、そして本日月曜と天気が悪いですね。

天気予報では、今週木曜日頃まで悪いとか、しかも〆に台風2つ接近だとか・・・┐( -"-)┌

なんか、スカッと秋晴れの日が数日間ないでしょうかネ~(^^;)




日曜日は、朝から雨なので、チェロの自主練習。

とは言っても、生チェロガンガンって訳には行かないから、サイレントチェロで静かに、静かにです。

耳には、ヘッドホーンでサイレントチェロの音と、先日仲間と音合わせを録音した物を再生。

一人でも、弦楽四重奏のレッスンはできるのですよ~(╹◡╹)

            IMG_02280780.jpg

物はこんな感じ、ボクのは、至って普及型のサイレントチェロ、エレキチェロともいうやつです。

でも、弾くと生チェロとサイレントチェロでは、だいぶ感じが違うのです。

ま、スティック(弓)ワークを練習するのには良いのですが、人工的に作られた音だから、別物です。

ボクが使って居るのは日本のメーカーなのですが、もうちょっと気張って造ってくれれば・・・・・

そんなことを思いながら、今月はコンサートにゲスト出演するから、練習しないといけないのです。




午前中3時間、午後2時間、指は痛いし、飽きるし・・・・で、3時過ぎ、ちょっと買い物に~♪。

行ったのは、多摩センター。休み明けだし、雨だからそれほど混雑していない。

何を買いに行ったか?実は、こんな物(文庫本2冊)です~♪


      IMG_02280778.jpg

最近BS放送でやって居る浅田次郎作の「一路」の元本なのです。

テレビドラマの「一路」、リアルで見られないから、予約録画で見ています。

そんなボクですが、どうもテレビのストーリー展開が、もう一つ理解できない。

浅田次郎の元本はいかにって感じで、どうしても近々に読みたかった訳なのです。

本気で読みたいと思うと、文庫本2冊くらい1日あれば読破できます。

お蔭で、夕食も近くのコンビニでサンドイッチとコーンスープ、これで十分です~♪

昨夜のうちに1冊と半分ほど読み、本日10時休み、昼休み3時休みで読破。┐( -"-)┌

しかし、読んでみて解った事。さすがに原作です。疑問が総て理解できました。

なんかテレビドラマの展開は、かなり端折って居るし、無理がある。しかも季節が違う。

今のストーリー展開ではたして、最後に同じ結末になるのだろうか?

それとも、まったく違った結末?通常原作の結末と同じになるはずなのだが・・・・。

それに、テレビには出てこないキーマンが、原作には何人もいる。

その人達を出さなくて、本当に以降のストーリー展開ができるのだろうか?

それらが、絡み合い伏線を張り、原因があって結果がある。

なぜ一路は古式ゆかしい行軍を行ったか、それにもかかってくる問題なのに、大丈夫か?

テレビでは、一路にスポットが当たっているが、原作では一路の目を通して、

御殿様や、御家騒動、田名部武士の意地が描かれている。だから、厚みを感じる。

テレビを見たときの違和感は、やはり、原作に忠実ではないために現れた上辺の話。

時間と予算が限られたテレビドラマのジレンマなのだろうか?


テレビでは、原作の結末とどう折り合いを付けるか、そっちが楽しみになってしまいました。

単純にテレビの時代劇ドラマとして楽しみたければ、原作は読まない方が良いかもしれない。

でも、テレビには無い伏線がいっぱいあることに、ちょっと驚いた今回でした。

浅田次郎って小説家、ちょっと面白いかも (*^-^*)








      IMG_02280777.jpg

因みに、文庫本用のブックカバーを10年ぶりに探し出してしまった。(^^;)

職場のルールで、私物の本を持ち込む場合、必ずブックカバーをかけるというのがあります。

ハードカバー用は、もちろんいくつか持っていますが、

文庫本は滅多に読まないから、大学時代使っていた物を見つけ出してきました。

レザークラフトが趣味の友達から、頂いたもので、ハンドメイドの、しっかりした革製です。

多少ゴッツイですが、丹念に作ってあるから、持ちも良いですね。

電車通学とかしていた時は、結構使って居ましたが、今は、電車に乗っても分単位ですから~♪

もったいないから、これから少し、文庫本も読もうかな~(゚∀゚)


コメント
この記事へのコメント
No title
はっきりしない天気が続きますね。
まあ、天気を気にしすぎても仕方ないので
私はなるようになれで過ごしています。
小説良いですね!ドラマになったやつだと、
原作との違いとかに楽しめたり驚いたり、
いろいろ発見ありですよね。
2015/09/08(火) 00:31:18 | ジャム | #-[ 編集]
No title
雨音に重なるチェロの音。
窓を伝う雫。
少し霧のかかった木立の間を、飛ぶようにして駆け抜けるリスの親子。
いつもより、ホンの少し時計の針が遅い。
ここは、特別な時間。

てことで、浅田次郎いいですね♪
僕の大好きな作家です。
ユーモアたっぷりにも書けるし、史実に基づいても書ける。
何を書いても面白い。
久しぶりに読んでみようかな。
2015/09/08(火) 21:08:06 | ケロ | #5fZIkb1.[ 編集]
Re:ジャムさんへ
本当に、天気が悪いですね。雨も半端な降りじゃないし、明日には台風も接近上陸しそうです。残暑もなく台風一過もない、なんだか季節感の無い今日この頃ですね~(^-ェ-^).oO

本を読むのは普通の方の3~4倍は読みますよ。仕事ですからね。でも、読みたいと思って読むわけじゃないから、余り感動は無いのですけどね。

今回の文庫本「一路」は、面白かったですね。久しぶりにのめり込んだというか、楽しかったです。ただ、テレビドラマと対比するのはちょっと酷ですね。お薦めは・・・・やはり本でしょうか?構成がと伏線がしっかりし、登場人物の役割と人間性が素晴らしい。今度実家に帰ったら、父に上げようと思っています。こういうの好きだから (*^-^*)
2015/09/08(火) 22:10:28 | 琴ちゃん | #Dl.5Tu5s[ 編集]
Re:ケロさんへ
物憂げな、秋雨の雨音は、
   大提琴(チェロ)のため息の如き調べに、
          もの憂き哀しみに わが魂を痛ましむ

何て、解ったような、解らないような文、でまとめてみました(*^_^*)

日本の作家では、開高健とか三島由紀夫、新田次郎なんか好きですね。浅田次郎ってもっとコミック的と思って居たけど、意外にしっかり資料集めをしていますね。好きな作家の一角に入りそうです。さっそく我が図書館にあった浅田次郎の本を、読みあさる事にしました。ちょっと楽しみです~♪

「一路」、ちょっと奇想天外だけど、なかなか面白かったですよ~(゚∀゚)
2015/09/08(火) 22:29:18 | 琴ちゃん | #Dl.5Tu5s[ 編集]
No title
こんばんは・・・
秋と言えば、読書と言いたいところですが、
本日の午前中は、秋台風が直撃・・たいしたことはなかった・・・一安心です。
浅田次郎ですか。正直、本はあまり読まないんです。
特に小説は・・・読みだせば面白いと思うんですが、
根気がなくて、困った性格です。
チェロ・・・今年も11月が近づいてきますね。
当初(昔)の書きぶりと比べると、
何となく、ゆとりあるようにも感じますが、どうなんでしょうか。
ゲスト出演、一年の中で、何回か、そういうイベント参加があると、
やりがいも出てきますね。
2015/09/09(水) 22:40:17 | Hiro | #-[ 編集]
浅田次郎
特に男の方に好まれてる気がします。
「蒼穹の昴」で号泣したなんて言ってた人がいました。
そんなこと聞くと私は却って引いちゃうンですけどね。

最初の「鉄道員」がどうも苦手というか肌に合わないって言うかで、以後敬遠しがちなんですけど「一路」はちょっと読んでみたい気がします。
と言っても私の興味は、参勤交代の詳細が分かるかな〜?というところにあるのですが。。。
2015/09/10(木) 07:11:08 | chiara | #5gz10XpY[ 編集]
Re:Hiroさんへ
そうです。読書の秋です。
でも、ボクは読書は1年じゅうですから、季節感はありませんね。ま、それが商売ですから(^^;)通常週1冊~2冊(ハードカバー)は読みます。ただし内容に目を通すだけ。理解も感情も無しです。それが読書と言うかどうかは解りませんけどね。

読書は根気が無い人の方が速読ができます。根気がないと悪いように言われますが、沖釣りでも気の短い人の方が釣れますから、別段、良いのでは~♪

チェロは、あのバッハの「無伴奏チェロ組曲」を納得行くまで2年やってから、少しだけ余裕ができたというか、自分でも出来るんだという自信ができたというか。楽しく演奏させていただいております。心の余裕が解ります?(*^_^*)
2015/09/10(木) 21:27:15 | 琴ちゃん | #Dl.5Tu5s[ 編集]
Re:キアラおば様へ
男性好み・・・ま、そうかもしれないですね(^^;)
ボクは、案外歴史小説とか好きなんです。子供の頃、無理やり父にNHKの大河ドラマを見せられたせいでしょうか?

いやー、ボクも「鉄道員」で、引いてしまったので、今回も迷いましたよ。でも、今回は面白かったですね~♪

この小説、余り参勤交代のくだりは参考になりません。出てくる御殿様は大名ではなく7500石の国持ち旗本、お供も5~60人の小さなものだし、陣営も端折って書いているので、あまり参考にはなりません。歴史小説と言うより、浅田次郎お得意の娯楽小説、ヒューマンドラマというジャンルじゃないでしょうか。
2015/09/10(木) 21:39:57 | 琴ちゃん | #Dl.5Tu5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。