二番街の琴ちゃん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            

お祖母ちゃんが使っていた、古い古いストーブ。お祖母ちゃん流に言うと『ケロシン・ストーブ』。

アラジンのシリーズ25と言う1971年製の灯油ストーブ、今でも、実家に帰ると活躍しています。

父曰わく、いろいろ部品を交換し、このストーブの新品が何台か買えるほど掛かっているとか。

自動消化機は居ているが、自動着火など無く、未だマッチかライターで着火します。

でも、シンプルなだけに、消耗品さえ交換すれば長らく使えますね~♪


そんな古いストーブ、週末土曜の晩、2階のボクの部屋で、しっかり活躍しています。

普段使っていない2階の部屋は、とにかく寒い。でも、このストーブに着火すると、直ぐに暖まる。

お祖母ちゃんがやっていたように、上にヤカンを乗せ、加湿も怠りなく~♪

でも、このストーブの、独特の匂い。それは、まぐれもなくお祖母ちゃんの部屋の匂いです。

自分が18歳まで過ごしたこの部屋で、お祖母ちゃんのストーブの匂いを嗅ぐと、

忘れていた、昔の記憶が蘇る。


とっくに消えたはずの幼稚園の思い出も、何故か急に思い出す。

萬年先生、送迎の赤バスから、いつも手を振ってくれた。マーガレットの花が好きだった先生。

小学校の1年は、栗原先生というお婆ちゃん先生。歌が好きで、いつも優しくしてくれた。

小学四年から、イジメが始まった。そんなボクをかばってくれたのが、今は亡きしんのすけ。

彼が居たから、学校へも行った、同級生にいじめられると、必ずしんのすけが助けに来た。

しんのすけの家のレンゲ畑で、彼奴と初めてキスをした。ただ、唇を重ねただけなのに・・・・・

「琴は、俺のお嫁さんに成る、約束だからな」と、強がって言って居たが、

その手が震えていたのは、ボクはしっかり見ていた。


そんな、忘れたはずの記憶が、ストーブの匂いで思い出す。

『記憶の引出を開けるカギは、その時の匂い』と、誰かの本に書いてあった。

そう、開かない引出がいっぱいあるボクの記憶。記憶の匂いで、一個一個開けてみたいですね。

                 IMG_0227154.jpg
           因みに12歳のボク、まだ、童顔というか、お多福顔(^^;)


コメント
この記事へのコメント
No title
色々懐かしいものありますよね。
私もそういう思い出すものあるかなあ。
なんとなくもやもやしてるものはありますがね。
ちょっと掃除しながら引き出しあけていこうかな(*^_^*)
12歳の琴ちゃんさん、大人のように凛々しいですね。
2015/03/09(月) 22:55:49 | ジャム | #-[ 編集]
Re:ジャムさんへ
こんばんは~♪日曜日はお疲れ様でした。

失われた記憶は、本当に失われたのではなく、出せないだけらしいです。それがいろんな要因で、フッと記憶として蘇るそうで、一番効果が有るのが、一緒に記憶された匂いだそうです。匂いは、知性や思考力ではなく、人間が動物だった頃の、名残の嗅覚だそうで、それによって過去の記憶が蘇るそうです。ボクも、ストーブの匂いは、お祖母ちゃん。練炭の匂いは、母の実家、革の匂いは弓道の記憶が蘇りますよ。お試し下さい~♪

12歳のボクは、大人っぽいですか?これは、小六の冬、この時もう身長は160cm近く有りましたよ。ほぼ、大人と変わらない身長でした。それから中学卒業するまでに15cm延びました。
2015/03/10(火) 00:14:54 | 琴ちゃん | #Dl.5Tu5s[ 編集]
No title
古いストーブの炎を見つめ、匂いを感じ、古きノスタルジーに浸る。
写真ではなく、脳裡に蘇るアルバム、素敵なことじゃないでしょうか。
自分なりに、一つ一つの時を刻む、そして、しかるべき時に、それを懐かしく思う、そんな時をいっぱい重ねること、それが、良い人生を送れたということでしょうか。
祖母様と貴女を重ねてみました…

2015/03/10(火) 09:07:22 | Hiro | #-[ 編集]
Re:Hiroさんへ
ノスタルジーな条件がそろうと、記憶の引き出しが、とめどなく開いてきます。思い出したくない記憶まで・・・・

それが重なって、大きくなって、そして大人になっていく。遠くの記憶がはっきり見えず、近くのものばっかり見える。まるで近視の人生のごとく・・・・・これが、年を取ると老眼になって、遠くの記憶がよく見える。そんな話を、先日父がしていました。そんなものかな?

祖母とボク、子供のころは、よく似ているといわれました。今は・・・・どうなんでしょうか(^.^)
2015/03/10(火) 21:34:37 | 琴ちゃん | #Dl.5Tu5s[ 編集]
No title
琴ちゃんの写真

きゃ~~~可愛い~~~
i-176i-176i-176i-176i-176i-176i-176
i-233i-233i-233

可愛さと綺麗がまじった雰囲気がありますね
そして活発なイメージもあるね

レンゲ畑の出来事
映画の小さな恋のメロディーのようだね

このストーブ 青い炎がキレイだなって思ってた記憶があります

いつもの店からでした
(^_-)

2015/03/10(火) 22:30:09 | くろ | #-[ 編集]
Re:くろさんへ
単刀直入、そして的確無比なご意見、ありがとうございます~🎵、ま、思春期ってことで、大人でもない、子供でもないかな(^^;)

小さな恋のメロディー・・・・って?

アラジンの青い炎は、なぜか魅惑的ですね。そう、ボクもお祖母ちゃんのところで、いつも見ていた。居間にあったサンヨーのストーブは、網の部分が真っ赤になった。それに比べたら、きれいですよね。( ^∀^)
2015/03/11(水) 13:43:12 | 琴ちゃん | #Dl.5Tu5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。